ボロ儲け?!NEM(ネム)とは?

先日のコインチェックハッキング事件で何かと噂のネムコイン。

今回の騒動で仮想通貨「ネム」という言葉を初めて耳にした人も少なからずいるのでは?

初めてネムという言葉を聞いた人は

「不正アクセスされたとか、なんか危なそうな通貨なんじゃないか…」思っている人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

むしろ逆。結論から言わせてもらえば、今回の一件でネムはとんでもない将来性と可能性を私たちに見せつけてくれました。

そこで改めて”ネムコイン”に注目して、そもそもネムコインとは?から特徴や将来性なんかを徹底解説していきたいと思います。

不確実な情報に流され、誤った認識をするのはとても危険です。

ネムを初めて知った人も、なんとなく知っていた人も、ここでその全貌をしっかり理解していただければと思います!

ネムコイン(XEM/NEM)とは?

ネムコインとはアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)のひとつである仮想通貨です。

このネムコインは、当初の開発チームに日本人である「武宮 誠氏」が参加していたと言われていたことで、多くの人々、特に日本人から注目される仮想通貨と言われていました。

だからネムは日本で人気のある仮想通貨なんですね。

「New Economy Movement」が正式名称で、頭文字をとってNEMという名前になっています。

ちなみに、「XEM」というのも見かけると思いますが、これはネムコインの単位を表しています。

ビットコインなら「BTC」、ネムコインなら「XEM」ということですね。

ネムコインとビットコインの違いって?

ビットコインはブロックチェーンという技術の上に成り立っていて、

ブロックチェーン上に不特定多数の有志で追記作業を行ってもらうことによってその運用が健全に保たれています。

「え?もうよくわからない!」という方はこちらをご覧ください。

ビットコインはProof-of-Work

プルーフ・オブ・ワークとは日本語に訳すと「仕事」「証明」

要は、仕事(ビットコインが健全に運用される為の作業=マイニング)の証明(マイニングの成功=正しい計算作業)をしてくれた人には

お礼を渡すよというのが、ビットコインというシステムで決められているプルーフ・オブ・ワークというルールなのです。

ちょっと難しいかもしれませんが、ここまではわからなくても大丈夫です(笑)

理解していただきたいところは、ビットコインのプルーフ・オブ・ワークというルールは、

マイニング競争に勝った人に新規ビットコインが与えられるので、

その「マイニング競争に勝てるだけの経済力がある人にばかりビットコインが支払われている」ということです。

(マイニングには専用PCとか電気代とかいろいろお金かかるからお金持ちじゃないときついんです)

でもそれはマイニングにおいての話ですけどね!

ネムコインはProof-of-Importance

それと比べて「NEM」「Proof-of-Importance(P0I)」というルールを導入しています。

これは、ビットコインで使われているPoWというルールの問題点である、お金持ちにビットコインが集まりやすいという問題点を解決するために考え出されたルールです。

細かい説明をすると難しいので、一言でいうと、

「ネムで用いられているPOIというルールは、ビットコインと比べて平等に分配されやすい仕組みになってるよ」というかんじですね。

ネムはビットコインと比べてそのルール上、かなり平等なアルゴリズムを取り入れている仮想通貨なんだっていう理解をしていただければ大丈夫です!

ネムはハッキングされたみたいだけど大丈夫なの?

picture of a hacker on a computer

2018年1月26日におきたコインチェックハッキング事件

この事件で、約580億円相当のネムコインがハッキングされてしまいました。

これはマウントゴックス事件の時と同じで、

  • 取引所の管理体制
  • ウォレットを利用していなかったユーザー

が悪かったのであり、ネムが悪いわけではありません。(一番悪いのはもちろんハッカーですが。)

むしろ、冒頭でも言いましたが、この騒動でネムはそのポテンシャルを見せつけてくれました。

どこにポテンシャルを感じたのかというと、

ネム財団の対応力と人材の優秀さです。

ネム財団とは?

ネム財団とはネム(NEM)のブロックチェーン技術の普及と向上を目的として生まれた非営利団体です。

具体的な目的としては、「NEM技術を振興し、ビジネス、学術、そして政府部門にまでその採用を拡大すること」と公式サイトで発表しています。

今回のネム財団の対応力

今回のコインチェックでのネムハッキング騒動を受けて、

ネム財団は1日足らずで盗まれたネムの救済と、コインチェックの支援という方針を発表しました。

そして、「24~48時間以内に盗まれたNEM(ネム)にタグ付けするシステムを作る」という発表もしました。

コインチェックから盗まれたネムにタグをつけ、

どこに送金されているのか?現金化されているのか?他の誰かのアドレスに移動しているのか?などを分かるようにするということです。

この迅速な対応力はほんとすごいですよね。

これにより、ハッカーも盗んだネムをどうすることもできない状態になります。

これだけの対応ができる人材を揃えているネム財団はとても優秀だなと率直に感じます。

そして、ネム自体の価値が上がる可能性もあるんじゃないかなと感じました。

今後の展開にも注目ですね。

ネムコインなら一攫千金も夢じゃない?!

以上のことも踏まえて、ネムの可能性は半端じゃないです。

個人的な意見では、ネムコインへの投資は一攫千金のチャンスでもあると思います。

今回は今激アツのネムコインに関して解説しました。

「あの時買っておけばよかった…」なんて後悔しないように、興味がある人は是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

1 Trackback / Pingback

  1. 【次世代型?】分散型取引所(DEX)とはなにか徹底解説! - 仮想通貨入門

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*