【永久保存版!スマホ版】bitflyer( ビットフライヤー )登録・口座開設方法

前回こちらでbitflyer(ビットフライヤー)のパソコン版での登録方法をご紹介しましたが、

今回はスマホ版での登録方法の説明をしていきますね!

ビットフライヤー の登録方法

bitFlyerは登録状況によってウォレットクラストレードクラスに分かれます。

各々のクラスではその名前の通り、機能が使えます。

ウォレットクラスはメールアドレスを登録するだけでなることができますが、仮想通貨の売買ができず、その名の通りウォレット(仮想通貨の財布)として使えるだけです。

日本円の入出金が基本的には取引に必要なので「トレードクラス」は必須と言えます。

詳しくは以下の画像の通りです!

ウォレットクラスはアカウント作成した段階でなれますが、トレードクラスになるためには本人確認が必要となります。

今回は本人確認の方法までお伝えします!

メールアドレス、Facebook、Yahoo!ID、Googleアカウントのいずれかで登録

まずは下記をクリックし、bitFlyerの登録サイトに飛びます。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

リンクをクリックすると、

という画面が出てきます。

メールアドレス、Facebookアカウント、Yahoo!ID、Googleアカウントのいずれかで作成します。

セキュリティ面などを考えて

Facebookアカウントなどは使わずにメールアドレスでの登録がおすすめです。

今回はメールアドレスで作成で解説していきます。

メールアドレスを入力し、「メールアドレスでアカウント作成」をクリックすると、

という画面が出てきますので、メールを確認。

このようなメールが届いているはずなので、リンクをクリックするか、

キーワードをコピーし、メール認証の画面に戻りペーストアカウント作成をクリックします。

すると、

このような画面になります。

利用規約及びプライバシーポリシーについての確認事項が表示されるので、確認して

すべてにチェックをいれて緑枠の『bitFlyerをはじめる』をクリックしてくださいね。

これでアカウントは作成完了し、ウォレットクラスとなります。

アカウントを作成し、ログインすると、

このような画面が出てきます。

未入力というところを記入していくと、トレードクラスになりますので、それぞれ解説していきます。

①本人情報の登録

まずは、「ご本人情報のご登録」部分。

①の未入力部分をクリックすると、下記の画面が出てきます。



姓名、性別、住所、電話番号(固定か携帯のいずれか)を入力し、赤枠の「登録情報を確認する」をクリック。

すると、

このような画面になりますので、入力内容に問題がないようでしたら、赤枠の「ご本人情報を登録する」をクリック。

これで本人情報の登録は完了になります。

続けて、下記の画面が出てきますので、本人確認資料を提出しましょう。

「続けてご本人確認資料を提出する」をクリック。

提出できる書類の種類は

運転免許証

パスポート(日本国が発行する旅券)

個人番号カード

住民基本台帳カード(顔写真あり)

各種健康保険証

各種年金手帳

各種福祉手帳

住民票の写し

印鑑登録証明書

などがあります。

今回は運転免許証で解説します。

提出書類の種類を運転免許証で選択します。

表面、裏面、それぞれクリックし、運転免許証の表、裏面をアップロードします。

アップロード後、赤枠の「ご本人確認資料を提出する」をクリックし、本人資料提出は完了です。

入力後2、3日後くらいにbitFlyerからハガキが届きますので受け取り、完全に本人確認が終了となります。

②取引目的の確認

続いて、「お客様の取引目的などのご確認」部分。

②の未入力部分をクリックすると、下記の画面が出てきます。

ご自身に当てはまる箇所にチェックし、赤枠の「入力する」をクリック。

以上で完了です。

③携帯電話認証

続いて、「携帯電話認証」部分。

③の未入力部分をクリックすると、下記の画面が出てきます。

携帯電話番号を入力し、「携帯電話認証をする」をクリック。

すると、下記画面に切り替わります。

ご自身の携帯電話のSMSを確認し、確認コードを入力し、「携帯電話登録」をクリック。

無事完了すると上記の画面が出てきて完了となります。

以上全てを終えると、トレードクラスとなり、仮想通貨の取引までできるようになります!

銀行登録と本人確認書類を作成でトレードクラスへ、ハガキを受け取って口座開設完了

冒頭でもお伝えしましたが、

ビットフライヤーのアカウントグレードは「ウォレットクラス」「トレードクラス」にわかれています。

ウォレットクラスはメールアドレスを登録するだけでなることができますが、仮想通貨の売買ができず、その名の通りウォレット(仮想通貨の財布)として使えるだけです。

日本円の入出金が基本的には取引に必要なので「トレードクラス」は必須と言えます。

トレードクラスの条件は

・ご本人情報のご登録

・ご本人確認資料のご提出

・お客様の取引目的などのご確認

・転送不要の書留郵便のお受取

以上が必要になります。

今回の手順で、銀行登録と本人確認書類は登録していることになるので

ビットフライヤーから上の画像の転送不要のハガキが送られてきます。これを受け取った時点で完了となります。

それを受け取り後にビットフライヤーに情報がいきますので、それが確認されたあと「トレードクラス」となります。

ビットフライヤー簡単登録はこちらから↓↓

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

まずはビットコインを少額でも持って見ることが重要

現在ビットコインは1BTC=100万円くらいになっています。(*2018年2月)

ビットコインは日に日に世界中で普及してきており、ビットコインを持つのであれば、

長期で持つことが大きく資産を残す可能性があると言われています。 

ビットコインの取引(時価総額)は増えてきており、それは価値が上昇していることを示しています。

取引は少額でもビットコインに交換することができるため、実際ビットコインを持って仮想通貨の可能性をぜひ感じてみてください。

それを感じることができた時に将来への仮想通貨の可能性がより具体的になってきますよ。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で