【聞きたい!】仮想通貨のウォレットとは?種類と特徴

仮想通貨ウォレット

そもそもウォレットとはなにか?

仮想通貨の「送金」「受取り」「保管」に欠かせないのが『ウォレット』

ビットコイン・仮想通貨でよくいう『ウォレット』とは、「お財布」のことです。

『ウォレット』は仮想通貨を保管するだけでなく、送金をしたり、誰かからコインを受け取ったりするときにも使います。

ビットコインなどのコインを使用する上で欠かせないのがこの『ウォレット』です。

例えばbitflyerなどの取引所で購入したビットコイン。

それをそのまま取引所の口座に置いておくのではなく、セキュリティ面を考えると自分専用のウォレットに移す事が好ましいです。

ウォレットには種類がある

私たちは日常的に、現金やカードをお財布に入れて持ち歩いています。

お財布は、保管というよりも「持ち運んで、使用する」というよなうな使い方ですね。

お財布に入れないお金を保管する時は、銀行や郵便局にすることが多いです。

ビットコインなどの仮想通貨のウォレットは色々な種類があり、「取引所に保管を任せるもの」「保管に適したもの」などがあります。

種類や形を細かく分けるとかなり多くなってしまうのですが、大きく分けるとまず3つに分類できます。

  1. デスクトップウォレット
  2. ウェブウォレット
  3. ハードウェアウォレット

以上の3つです。

豆知識!コールドウォレット・ホットウォレット

オンラインのウォレット(ネット接続あり)のことをホットウォレット
オフラインのウォレット(ネット接続なし)のことをコールドウォレットといいます。
覚えておきましょう。

それぞれに特徴やメリット、デメリットがあるのでそれを解説していきますね。

デスクトップウォレットとは?

デスクトップウォレット

自分のデスクトップ(パソコン)にウォレットを使用するためのソフトをインストールして使用するウォレットです。

「クライアントウォレット」とか「ソフトウェアウォレット」って言ったりもします。(別に覚えなくていいです。笑)

デスクトップウォレットという名前ですけど、最近ではデスクトップ(パソコン)上のものだけではなく、アイフォンなどの端末で使えるモバイルウォレットというものも登場しています。

特徴は?

このウォレットの特徴はオンラインでもオフラインでもつかえることができることです。

オフラインにしておけばハッキングなどの心配がなくなるので、セキュリティが強固になります。

利用したいときはオンラインにすればいいだけなので便利なんですが、オンライン状態の場合はセキュリティが弱まってしまいます。

なので自分でセキュリティ設定を工夫する必要がありますね。

モバイル版なら持ち運びも簡単にできます。

メリットは?

  1. オフラインで管理すればセキュリティに優れている
  2. 自分でバックアップやセキュリティなどの設定ができる

デメリットは?

  1. ダウンロードにすごい時間がかかる
  2. ソフトをインストールしたPCでしか使えない
  3. PCが壊れると永遠にそのビットコインを使えない可能性あり

こんな人におすすめ

  1. セキュリティ面を自分で管理したい人
  2. ビットコインやウォレットに関して多少知識がある人

ウェブウォレット

ウェブウォレット

インターネット上のウォレットで、どこかの(サイトの)口座を開設して利用します。

インターネットバンキングに近いイメージですね。

ホットウォレットに属します。

スマホのアプリで使えるサイトもあります。

特徴は?

簡単に利用でき(口座開設が簡単)、自分のパソコンからだけじゃなくても外出先のパソコンなどからでもアクセスすることができます。

ただ常にネットを経由しているウォレットなので、セキュリティ面は少し弱いです。(ハッキングとか)

なので難しいパスワードを設定するなどの工夫や、信頼できるサイトを選ぶ必要があります。

たくさんのビットコインを保有することは避けたほうがいいですね。

メリットは?

  1. 簡単で初心者でも使いやすい
  2. 別のPCからでもアクセスできる

デメリットは?

  1. セキュリティ面は使っているサイトに依存してしまう
  2. 常にハッキングされるリスクがある
  3. 一時的にサイトに接続できなくなる可能性もある(サイトに依存)

こんな人におすすめ

  1. 簡単にビットコインを管理したい初心者の人
  2. 小額のビットコインを管理したい人

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレット

「紙」や、「専用端末」など形あるものにビットコインを保管するウォレットです。

コールドウォレットに属します。

特徴は?

オフラインで使用するものなので、セキュリティがとにかく抜群です。

ただこの場合、普通の財布と同じように紛失してしまうなどの物理的なリスクもついてきます。

専用端末はまだ日本では販売していません。

大量のビットコインを長期間保管するのに向いている形ですね。

メリットは?

  1. とにかくセキュリティが強固
  2. 普通の財布や紙幣のように保管できる

デメリットは?

  1. 紛失してしまう可能性がある
  2. 専用端末は日本にはまだ導入されていないから、使用するまでに時間やコストがかかる
  3. 紙上のウォレットは、一度ビットコインを引き出すともう使えない

こんな人におすすめ

    大量のビットコインを買いたい人簡単にビットコインを管理したい初心者の人
  1. 長期間保有しようと思ってる人

「色々紹介してきたけど、結局どれがいいの?」

まあそうなりますよね。(笑)

結論から言います。

どれがいいと一概には言えません。(笑)

えー!と文句が湧いてきそうですが、しょうがないんです。

大体想像がつくとは思うんですが、購入するビットコインの量や保有する期間など、人によってオススメのウォレットは変わってくるんです。

例えば、

  1. 購入量→少
  2. 保有期間→短

だったらウェブウォレットがおすすめですし、

  1. 購入量→多
  2. 保有期間→長

だったらハードウォレットがおすすめになってきます。

なので自分の目的や資産に応じて使い分けるのがベストです。

また、ビットコイン以外の仮想通貨を保管したい場合、ウォレットによっては自分の保有している通貨に対応していない場合もあります。

まとめ

いかがでしたか?

今回はビットコインや仮想通貨のウォレットに関してまとめてみました。

あなたにピッタリのウォレットは見つかりましたか?

この記事を参考に、良いビットコインライフを送っていただければ幸いです。

未来が楽しみですね!

1 Trackback / Pingback

  1. 【知っておきたい!】仮想通貨の専門用語集 - 仮想通貨入門

Comments are closed.