【次世代型?】分散型取引所(DEX)とはなにか徹底解説!

DEX

2018年1月末に約580億円分ものNEMが盗まれた大事件を覚えていますか?

コインチェック事件なんて言われたりもして、日本中が大騒ぎになりましたね。

ちょうど仮想通貨市場も盛り上がってたときに起こった事件で、仮想通貨というものが不安になった人もいるんじゃないでしょうか?

仮想通貨はブロックチェーンで安全なんじゃないの?
仮想通貨取引所に通貨を預けるのは危険なの・・・?

などなど、色んな疑問や不安を抱いたりしたかと思います。

正直言って、今の主流になっている仮想通貨取引所がどうしてもそれなりにハッキングのリスクが伴ってしまいます

なぜなら、そこに資金が集まっているとハッカーたちからわかってしまうから。

「そのリスクをなんとかして無くしたい・・・」

そこで注目されているのが、分散型取引所(DEX)です。

ということで、今回はそんな次世代型の仮想通貨取引所であるDEXについて徹底解説していきます。

  1. 分散型取引所(DEX)の仕組み
  2. 今の仮想通貨取引所との違い
  3. DEXのメリット・デメリット
  4. なぜDEXが必要なのか

このあたりを初心者でもわかるよう、丁寧に説明していきますね!

分散型取引所(DEX)とは?

DEX(Decentralized Exchange)とは運営主体を介さずに、個人間で仮想通貨のやりとりができる取引所のことです。

運営主体というのは、bitFlyerだったら「株式会社bitFlyer」で、Zaifなら「テックビューロ株式会社」のことです。

あと、これは豆知識ぐらいに思っておいてもらえればいいんですが、厳密に言うとDEXは第三者を信頼することなくトラストレスにトークンを交換する「仕組み」という感じなんです。

なので必ずしも「取引所」と呼ぶのが適切というわけでもないのかなって。。

ただその辺りを詳しくお話しても混乱してしまうので、DEXは「取引所」だと思ってもらえればオッケーです!

今の仮想通貨取引所(CEX)との違い

CEX

現段階では仮想通貨における取引の大半が、運営主体がいる取引所を介して行われています。

さきほど説明した「株式会社bitFlyer」とかのことです。

これらは法人が運営主体となり、取引所の意思決定において中央集権的な手法を用いることから、CEX(Centralized Exchanges)と呼ばれたりしています。

  1. CEX=中央集権型取引所
  2. DEX=分散型取引所

と、覚えておいていただければ!

DEXの仕組み・特徴

DEX

CEXと比べてDEXが提供するのは、取引板を表示したり取引板を生成できるようなシステムを維持することだけです。

私たちがDEXで仮想通貨を売買するときは取引板だけを借りて、自分自身のウォレットから資金を出すことになります。

なので自分の資産を取引所に預け入れする必要がなく、仮想通貨の取引ができます。

分かりやすくいうとフリーマーケットみたいな感じですね。

資金が一か所に集中することがなく、安全性も高められて、さらに仲介手数料的なものもなくなってことで、とても期待されています。

これから次世代型の取引所として注目されているので、もちろんメリットはありますが、まだまだ課題も存在します。

DEXのメリット

大きなメリットを挙げるとしたら以下くらいですね。

  1. 取引所がハッキングされて自分の資産がなくなることがない
  2. 運営主体に支払う手数料がない
  3. 本人確認が不要

一番のメリットとしては、やっぱりハッキングによる被害がなくなるというところですね。

自分の資産を預け入れするということがなくなるので、資産は常に自分が保管することになります。

ハッカーとしても資産が集まってもないところにハッキングしても意味ないですからね。笑

そしてビットフライヤーなどのCEXは、そういったハッキングのリスクを抑えるために人を雇ったりしてお金をかけています。

なので、私たちのようなユーザーから手数料を多くとって運営しなければなりません。

しかし、DEXは運営主体がないぶん、無駄な手数料がかからないといった感じです。

あとは本人確認も必要ありません。開設するのにハガキを受け取って…などの手間がかからないので即日で取引を開始することができます。

DEXのデメリット

デメリットという現状の課題って言った方が正しいかもしれませんが、既存のDEXの欠点はこちら↓

  1. コストが高い
  2. 取引スピードが遅い
  3. 流動性が低い(取引量が少ない)

DEXは、CEXと比べてユーザーのコストが高く、さらに遅いと言えます。

買い注文・売り注文・キャンセルなど、すべてブロックチェーン上で行われるため、ブロックチェーンを使うため手数料が必要になります。

さらにこれを処理するには、ブロックの承認時間が必要なので、オフチェーン(ブロックチェーンを使わないこと)と比べるとどうしても時間がかかります。

CEXは資金を預けている分、オフチェーンで資金を動かせるから即座に購入や売却ができる仕組みになっているんです。

DEXはこのようにまだまだ課題が多く、使用者が少ないので流動性が低くなり、より利用されづらくなります。

流動性のない市場だとスプレッドが広くなってしまい、価格が高くついたり、ボラティリティが高かったり、そもそも交換すらできないという可能性と隣り合わせです。

実際、今のDEX取引量は仮想通貨全体の1%に満たないようですからね。

DEXが必要な理由

「じゃあ別に今の取引所のままでいいんじゃないの?」

と思う人も多いかもしれないんですけど、DEXが今後、絶対に必要になってくるはずです。

現在主流の仮想通貨取引所(CEX)は特徴として、巨額の量の通貨・トークンを所有していてユーザーが取引をする際は、この取引所に通貨を預け入れるという流れになっています。

これはつまりユーザーが保持するウォレットから、取引所が保持するウォレットへ資産を送って、資産自体は取引所が保持するということになります。

なので取引所を完全に信頼する必要がでてくるため、万が一この取引所が保持している資産を持ち逃げしたり、ハッキングされたときには預けた通貨はもう戻ってこないという結末になってしまいます。

コインチェック事件のときはハッキングの際、取引所が全額補償してくれましたが、補償サービスを提供していない限り、資産が補償されなくても文句は言えませんからね。

資産を安全に守るという面においてDEXは必ず今後浸透していくことでしょう。

DEXプロジェクト

DEX

DEXは基本的にスマートコントラクト(プログラム)で実行される取引所です。

なのでイーサリアムリスクなどのスマートコントラクト機能を持った通貨を軸として、プロジェクトは開発されています。

様々なプロジェクトが生まれていますが、DEXにおけるネットワーク効果の影響は大きく、ユーザーが多いほど流動性が増し、ユーザーにとって有利な取引ができるようになってきます。

なので一度DEXが広まれば、どんどん世界に広まっていくのも目に見えます。

特に「0x project」というプロジェクトは、様々なアプリや開発者が携わっていて、DEXを世界に広める中心になろうとしています。

それでも技術はまだまだ進歩していってるので、新しく注目されてくるDEXが誕生してくるかもしれないですね。

まとめ

いかがでしたか?

今回は分散型取引所(DEX)について解説しました。

現行のCEXのデメリットを埋めるために存在するのがDEXです。

DEXにもまだまだデメリットというか、課題はたくさんありますが、今後どんどん浸透していき、やがては分散型が主流になっていくかもしれません。

2 Trackbacks / Pingbacks

  1. スマートコントラクト分散型取引所DEx.topが今月中に取引を開始 - 仮想通貨入門
  2. 【知っておきたい!】仮想通貨の専門用語集 - 仮想通貨入門

Comments are closed.