ビットコインよりブロックチェーンを理解した方がいい?

ブロックチェーン

↑間違いなく仮想通貨は世界を変える

近い将来ビットコインは日常生活の一部になるでしょう。

というのも、ビットコインやブロックチェーン技術は「インターネット」以上の可能性を秘めています

2800年続いた「お金」の仕組みを全てマルっとひっくり返す可能性を秘めています。

なので、つたない表現になってしまうのですが、わかりやすくいえば「めちゃくちゃ稼げる市場」なんです。

だから「仕組み」を理解することが重要なのです。

ネットの世界で稼ごうと思ったらネットへの理解って大事ですよね?それと同じです。

「仮想通貨」がらみの投資案件には詐欺も

仮想通貨詐欺

↑「美味しい話」を見極めるには勉強が必要不可欠

先ほど、「稼げる市場」だといいました。

でもこれは、「仕組み」をしっかり理解している人のみ

なぜなら、理解していないとマジでカモられます。

本物の案件をつかめるか、否かは、しっかりと勉強し、仕組みを理解する必要があるのです。当然ちゃ当然ですよね。

ビットコインは本当に怪しいものなのか?

最初に断言しますが、ビットコインは怪しいものでもなんでもありません。(笑)

三菱UFJ、ビットコインに参入-米コインベースに出資

ウォール・ストリートジャーナルの記事で紹介されているように、16年7月三菱東京UFJ銀行がビットコイン参入をしました。

この事実が物語っているように、怪しいものでもなんでもないのです。

しかし、ほとんどの日本人にとって、「仮想通貨」、「ビットコイン」は悪いイメージがあるはず。

それはなぜか?原因は「マウントゴックス取引所の破綻」です。

【マウントゴックスCEO逮捕】ビットコイン流出

簡単にこの事件を説明すると、「世界最大のビットコイン取引所の社長が悪いことして、それが火種で破たんしたから、その取引所を利用していたユーザーはビットコインで大損こいたよ」というもの。

おわかりでしょうか?

つまり、ビットコインが悪いわけでなく、ビットコインを扱う会社に問題があり、取引所で甘々な管理をしていた、ビットコイナー(ビットコインを利用する人間)が悪いわけです。

ビットコインの安全な保管方法については以下の記事でどうぞ↓

「ビットコインの仕組み」より「ブロックチェーンの仕組み」が大事

ここからが本題になります。

「ビットコインの仕組み」を調べてこの記事にたどり着いたあなた。

実は、「ビットコインの仕組み」よりも「ブロックチェーンの仕組み」を理解することをオススメします。

なぜか?

それは、「ビットコイン」の中核となる技術が「ブロックチェーン」であり、ブロックチェーンへの理解が「ビットコイン」の理解につながるからです。

しかも、ブロックチェーン技術は、ビットコインのみならず、様々な可能性を秘めています。

ブロックチェーン

上記画像のように、あらゆる分野で展開されることは期待されています。

ということで、ここからは「ビットコインの仕組み」というより「ブロックチェーン技術の仕組み」について解説していきますね。

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーン

↑ブロックチェーンの仕組みを理解することがとっても大事

ブロックチェーンとはなんなんでしょうか?

これからわかりやすく説明していくのですが、まあまず何も考えず以下の文章を読んでみてください。

金融IT業界のリサーチを手掛けるセレントシニア・アナリストのジョン・ドゥワイヤー氏によると、仮想通貨の中核的技術であるブロックチェーンに見込まれる潜在市場価値は、20兆ドル(約2130兆円)。世界のGDP総額が約9000兆円であるため、世界のサービスのうちおよそ4分の1がごろっと変わってしまうインパクトを持っています。今世紀最大の革命と言えるでしょう。

//引用著書:仮想通貨バブルに乗れ! 投資する前に必ず押さえておきたいリスクの回避法

どうですか?おそろしくないですか?(笑)

ビットコインにはこんな技術が使われているのです。そりゃ普及しますよね。

では、ブロックチェーンの詳しい説明に戻っていきましょう。

ブロックチェーンは情報の鎖

まず、ブロックチェーンの「ブロック」とは情報の塊のことを表しています。

なんの情報かというと、ビットコインの取引履歴が詰まった情報です。

一定量の情報が集まると一つのブロックが完成して、また新しいブロックがつくられていきます。

(ビットコインでは10分に一つくらいの間隔でブロックがつくられていく)

そしてその作られたブロックが一つ一つ鎖のようにつながれていくので「ブロックチェーン」と呼ばれているんですね。

ちなみにつくられたブロックが正しいもの(不備がない)だと証明する作業を「マイニング」というのですが、

マイニングに関してはこちらで詳しく書いてるのでぜひ↓


ブロックチェーンはセキュリティが神

ブロックチェーン

ネット上で不正できない仕組みを初めて作り上げた。

このブロックチェーンは誰か一人が管理しているのではなく、みんな(のパソコン)で管理、監視しています。

さらに、さっきも言いましたがブロックは一つ一つ鎖のように繋がれているので、

もしブロックの情報が書き換えられるとほかのブロックにも影響が出てしまいます。

ブロックができて繋がれていく様子をみんなで監視しているうえに、ひとつのブロックをいじろうとすると他のブロックにも影響が出てします。

不正したいなら全てのブロックを同時にいじるしかないのです。

ただそれは物理的に無理。これはどうあがいても不正はできませんね。

そうなんです。ブロックチェーンは不正ができない。セキュリティ最強なんです。

例えば「円」という「お金」は日銀という一か所で管理しているし、そこで誰がどんな取引を行っているのかをみんなで監視しているわけではありませんよね?

ぶっちゃけ日銀の人に勝手に通帳を書き換えられる可能性は0じゃないです。

(まあ日本は比較的安全な国ですけど自分がアフリカとかに住んでたら銀行を100%信頼できますか?笑)

さらに、一か所に全ての情報が管理されているので、万が一そこをハッキングされたら終わりです。

どうですか?ブロックチェーンのほうが圧倒的に安心ですよね。

さらにブロックチェーンのすごいところは不正ができないだけでなく、「不正をするくらいなら真面目にやったほうが得する仕組み」があるところです。

ブロックチェーンは真面目な人間にやさしい

例えば、ブロックチェーンに対して何かしら不正してやろうと思ったら、「管理している全員」に不正しようぜ!と呼びかけなければいけません。

はい、まずこれめちゃくちゃ労力。

さらにブロックチェーンの安全を守る作業(正しいブロックをつくる作業)をすればお礼がもらえる仕組みが備わっているので(マイニング)、頑張っている人たち全員を寝返らせて不正しようとするよりも、地道に頑張ってブロックを作っていた方が得するんですよね。

ビットコインの場合、お礼としてビットコインがもらえちゃいます。

そう、ブロックチェーンが不正のない社会をつくってくれる可能性に満ち溢れているんです。

ブロックチェーンを簡単にまとめると、、

ここまでの流れをまとめておきましょう。

  1. 正しい情報が詰まったブロックが鎖状につながれたもの
  2. みんなで監視、管理しているから(オープン、分散型)セキュリティが神
  3. 真面目な人が得する、不正のない社会を作ってくれる

こんな感じです。

まとめ

最後にビットコインの仕組みを整理しておきましょう。

  1. そもそも仕組みを理解する理由は、本物の案件をゲットするためだよ
  2. ブロックチェーンという今世紀最大の技術がビットコインの仕組みの基盤だよ
  3. マイニングによりビットコインの信頼性が保たれているよ
  4. ビットコインはガンガン価値が高まっていて、今後も期待できるよ

いかがでしたか?

今回はビットコインの仕組みも含め、ブロックチェーンの解説をしました。

時代の流れは早いです。

早いうちに「とりあえず触れてみる」のが大事になってきます。

一緒に未来をつくりましょう!

2 Trackbacks / Pingbacks

  1. 【知っておきたい!】仮想通貨の専門用語集 - 仮想通貨入門
  2. ライトニングネットワークとは?仕組み・メリットとデメリットを紹介 - 仮想通貨入門

Comments are closed.