BITMAINは仮想通貨から人工知能(AI)に?|マイニング業界に変化

ビットメイン

中国で特定用途向け集積回路(ASIC)を製造しているBITMAIN(ビットメイン)は、仮想通貨を禁止する中国政府の動きを受けて、仮想通貨マイニング(採掘)の収益の代わりとなる新たな分野への取り組みとして、人工知能(AI)向けチップの開発に挑戦していく計画であることが明らかになりました。

中国政府の仮想通貨に対する厳しい規制

中国では昨年ICO(イニシャル・コイン・オファリング)が禁止されており、今年に入ってからは仮想通貨取引所などのサービスも禁止し、海外の仮想通貨取引所などもブロックしています。

この厳しい規制に伴い、中国国内で運営されていた世界最大級の取引所のBINANCE(バイナンス)やその他の取引所も中国国内からは完全に撤退することを発表しました。

マイニングに特化したASICチップの製造

ビットメインは、ビットコイン、イーサリアム、モネロなどの様々な仮想通貨のマイニングに特化したASICチップを製造販売しており、自社でもマイニングを行っています。

BITMAINがイーサリアムとモネロ向けの製品をリリースしたことで、開発者たちはASIC耐性を維持するためのアップグレードを行っています。

中国企業として準備が必要

このような状況を踏まえたうえで、BITMAINの共同設立者であるジハン・ウー氏は、ブルームバーグとのインタビューの中で「中国の企業として、我々は準備しておかなければならない」と語っています。

またその準備の一つとして人工知能(AI)に特化したASICチップの開発について語り、それらがASICメーカーの代替オプションとなるのは自然なことであると述べています。

「人工知能には多くの計算が必要です。これはビットコインマイニングのようなものになります。これには特定用途向け集積回路(ASIC)として知られているカスタムチップが最適です。」

BITMAINの今後の計画は?

バーンスタイン・リサーチが2月に発表したレポートによると、ビットメインの年間収益は30億ドル(約3325億円)以上にも上ると推定されています。

ビットメインは昨年10月に

『Sophon BM1680』という初期プロトタイプの販売を開始しました。

このASICチップは、コンピュータに接続する600ドル(約6万7,000円)のアクセラレータカードの一部として販売されており他社が販売しているその他の製品よりは性能が劣るものの、安い金額で機械学習を高速化できる特別な設計となっているとのことです。

5年以内にはAIチップから得られる収益が、Bitmainの売上高の40%になると見積もっているウー氏は次のように語っています。

「私たちは、彼らが十分にケアをすることができていない何かにトライしようとしているだけです。」

BITMAINがイーサリアムのマイニングに特化したASICマイナーを発売したことで多くの議論が行われることとしましたが、ウー氏がいずれにせよ他のチップメーカーが必然的に市場に参入することになったということも語っています。

「それが私たちでなければ、Intelかもしれないし、NVIDIA、AMDかもしれない」