LINEが仮想通貨交換所「BITBOX」を発表!7月中に開始予定

ライン ブロックチェーン

LINE(ライン)は28日、仮想通貨交換所「BITBOX」の提供を2018年7月中にも開始する予定であることを発表しました。

公式の発表によるとLINEは、『世界中の人とお金の距離をもっと身近にしていくため、LINEならではのイノベーティブな金融サービスの構築・提供をすべく準備を進めている』とのことで、その金融事業のひとつとして、仮想通貨交換所「BIBOX」をオープンし、日本と米国を除いた全世界を対象にサービスを提供するとのことです。

詳細

取り扱い予定の仮想通貨は、
・ビットコイン
・イーサリアム
・ビットコインキャッシュ
・ライトコイン
などの30種類以上を予定しており、日本語とタイ語を除く計15種類の言語に対応するとのことです。

BITBOXは、仮想通貨同士の交換のみが行える取引所となっており、法定通貨を使った仮想通貨の売買はできないと説明されています。

LINEの公式サイトでは次のように説明されています。

この度、金融事業のひとつとして、仮想通貨交換所「BITBOX」をオープンし、日本・米国を除いた全世界を対象にサービスを提供いたします。取り扱い予定の仮想通貨は30種類以上を予定しており、日本語を除く15の言語に対応いたします。なお、「BITBOX」は、仮想通貨の交換のみを行なえる取引所であり、法定通貨による仮想通貨の売買は実施できません。仮想通貨に関しては、世界中で取引ニーズが高まっており、安全にユーザーの皆さまにお取引いただける機会の提供準備を進めてまいりましたが、この度、セキュアな体制でご利用いただける体制が整いましたので、提供開始を予定しております。LINEでは、各国のルールや規制に則り、仮想通貨事業を展開してまいります。

このサービスが提供される対象国は、『日本・米国を除いた各国』とされており、日本居住者だけでなく、海外居住の日本人や米国居住者も利用することができないとのことです。