「仮想通貨の税金滞納が」と振り込め詐欺、キャンピングカー移動で電話

POINT!
  1. 振り込め詐欺の電話をかけていた男ら14人が、詐欺未遂の疑いで逮捕された。
  2. 男らは4台のキャンピングカーを用い、関東から東北を転々と移動。摘発を逃れようとしていた。
  3. 「仮想通貨の利益で儲かったが、滞納している税金を払わないと入金されない」などと電話し、90代男性から120万円をだましとろうとしたという。

キャンピングカーで摘発逃れ狙う?仮想通貨語る振り込め詐欺

振り込め詐欺の電話をかけて現金をだまし取ろうとしたとして、警視庁は4日、住所不詳、無職、鷲見祐樹容疑者(31)ら14人を詐欺未遂の疑いで逮捕したと発表しました。

鷲見容疑者は容疑を否定。他13名は否認あるいは黙秘しているといいます。

鷲見容疑者らは警察の摘発を逃れるため、キャンピングカーを拠点に場所を移しながら、詐欺の電話をかけていたといいます。

今回の報道で分かっているのは、男たちが1日に横浜の90代男性に電話をかけていたこと。そして2日に彼らが逮捕されたという事です。

サイズにもよりますが、キャンピングカーは生活をするのに十分な機能を備えています。生活・移動しながら電話をすることくらい容易いですよね。これまでにも彼らは同様の手法をとってきたのでしょうか?

鷲見容疑者らは4台のキャンピングカーに分かれて乗り、関東から東北の高速道路のサービスエリア(SA)や道の駅を転々としながら詐欺の電話をかけていました。

こうした手口の詐欺は全国で約100件、被害額は2億5000万円にのぼるとして、これから男たちの余罪についても調べられる予定です。