韓国ソウル:ブロックチェーンなどに大規模投資を計画|2022年までに「約1200億円」

韓国の首都ソウル市は、2019年2月18日の発表でブロックチェーンやフィンテックなどの最先端テクノロジーを扱うスタートアップ企業に対して、2022年までに1兆2000億ウォン(約1184億円)を投資していく計画を明らかにしました。

ソウル市からの公式発表によると、ブロックチェーン・フィンテックなどのスタートアップ企業への投資は、昨年ソウル市が立ち上げた「イノベーション開発ファンド」を通じて行われるとされています。

このファンドは、

・ブロックチェーン
・フィンテック
・スマートシティ
・人工知能(AI)
・モノのインターネット(IoT)
・ビッグデータ
・ロボット工学
・自律走行車両
・バイオテクノロジー
・3Dプリンター
などといった幅広い分野の最先端テクノロジーを扱うスタートアップ企業を支援しています。

今後の具体的な予定としては、今年の上半期に132億2500万ウォン(約13億円)、今年の後半には84億ウォン(約8億円)を配分する予定だとされており、2022年までには総額1兆2000億ウォン(約1184億円)を投資していくと報じられています。

ソウル市は以前からブロックチェーン技術を「第4次産業革命において必要不可欠な技術」として非常に高く評価しており、公共サービスなどへの活用にも積極的に取り組んでいます。

韓国政府がこれまでに行ってきたブロックチェーン関連取り組みは非常に幅広く、ブロックチェーン技術を活用した電子投票システムや、食品の追跡プロジェクト、ブロックチェーン法律協会の設立、独自の仮想通貨発行計画なども発表されています。

「ブロックチェーンの中心地」として成長していくことを目指しているソウル市は、今回発表された大規模投資計画を通じて、今後もさらに発展していくことが予想されます。