【世界初】リップル(XRP)に連動した仮想通貨ETP「スイス証券取引所」で近日公開か

スイス証券取引所(SIX)がリップル(XRP)に連動した仮想通貨ETP(上場投資商品)を今後2か月ほどで立ち上げる予定であることが「Coindesk」の報道で明らかになりました。

リップル(XRP)連動のETP「AXRP」リリースへ

スイス証券取引所(SIX)は、これまでにもビットコインとイーサリアムに連動する仮想通貨ETPの立ち上げを発表しています。これらのETPはスイスのスタートアップ企業であるAmun社のサポートを受けて立ち上げられています。

ETP(上場投資商品)とは、株式やコモディティなどといった取引所に上場している特定の指標に連動して価格が変動する商品であり、ETF(上場投資信託)、ETN(上場投資証券)、ETC(上場投資コモディティ)などの種類があります。

「Coindesk」は2019年3月11日に、Amun社のCEOであるHany Rashwan(ハニー・ラッシュワン)氏が、SIXから「AXRP」と呼ばれるリップル(XRP)に連動した仮想通貨ETPを発行する許可を受けたことを明かしたと報告しています。

私たちは今後2か月以内に世界初の「XRP ETP」をリリースすると自信を持って語ることができます。

SIXが昨年11月に初めて発表した仮想通貨ETP「HODL」は、12月と1月に「SIXで総取引量がもっとも多いETP」になったことが発表されています。

リップル(XRP)の価格は、過去2か月間に渡って35円前後での推移を続けており、2019年3月12日時点では「1XRP=34.41円」で取引されています。最近の最安値は1月29日に記録した約31円となっています。