【世界初】仮想通貨決済による「オンライン不動産オークション」開催|BTC・BNBに対応

ビットコイン(BTC)とバイナンスコイン(BNB)を支払い手段として採用した「世界初の仮想通貨決済不動産オークション」が2019年4月8日に開催されます。このオークションは、物件の外観や内装などを「360度対応のVR View映像」で確認することもできるようになっているため、現地を訪れることなくオンライン上で気軽に参加できるようになっています。

BTC・BNBが使える「仮想通貨決済不動産オークション」

世界で初めて開催されるという「仮想通貨決済不動産オークション」は、ブロックチェーン関連の様々な事業を手掛けている企業「NuYen Blockchain」が提供する「James Pratt Auctions & Advisory services」によって行われると説明されています。

「NuYen Blockchain」は仮想通貨マイニングや仮想通貨取引所などといった幅広いサービスを展開している企業であり、「James Pratt Auctions」は数々の賞を受賞した経歴を持つ不動産競売業社だとされています。

「BTC・BNB」で決済可能

今回開催されるオークションでは、仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)との提携が結ばれたことによって、ビットコインとバイナンスコインで支払を行うことができるようになっています。

東オーストラリアの海辺に位置する「未来空間」

競売にかけられる物件は、観光スポットとしても知られる東オーストラリアの「カジュアリーナ」と呼ばれる町の海辺に建てられています。

外観や内装も未来的なデザインに仕上がっており、敷地内には、

・サッカー場
・地下トランポリン
・屋根付き屋外テラス
・屋外シャワー
・屋外の25m温水プール
・トレーニングルーム

などの設備も完備されています。

360度対応の「VR View映像」で内装確認も可能

公式ホームページには「34枚の画像」と「間取り図」と共に、VRメガネにも対応した「360度対応のVR View映像」も掲載されているため、日本からでも物件の内装を詳しく確認することができるようになっています。

オークションには「世界中から参加可能」

オークションは「ストリーミングオンサイト」と呼ばれる形式で行われることになっているため、世界中から気軽に参加することができます。

また支払方法も仮想通貨決済となっているため、現地通貨に両替を行う必要もなく、送金手数料も安く抑えることができます。

不動産業界で活用が進む「仮想通貨・ブロックチェーン」

不動産業界では、以前から仮想通貨やブロックチェーン技術が積極的に取り入れられており「仮想通貨で家を購入した」というケースも複数報告されています。

2017年12月には、アメリカ・フロリダ州マイアミで「ビットコイン限定」の不動産取引が成立したことが報告されており、この他にもオーストラリア・シドニーやトルコなどでも仮想通貨による不動産取引が行われたと伝えられています。

またこの他にも不動産をブロックチェーン技術で「トークン化」するといったプロジェクトも進められており、先日はマレーシアの不動産弁護士が、同国における「不動産のトークン化」に関するメリットや現状・問題点などの解説を行ったことも報告されています。

しかし、現状としてはこのような活用事例が報告されていることは多くの人に知られていないため、今回のような発表を通じてこれから徐々に世界に浸透していくことになると予想されます。