伝説の投資家Marc Faber:遂にビットコインを購入「BTCは標準になる可能性がある」

ビットコインなどの仮想通貨に対して懐疑的なことでも知られていた「伝説の投資家」Marc Faber(マーク・ファーバー)氏は、最近行われたインタビューの中で2月下旬に初めてビットコインを購入したことを明かしました。同氏はBTCへの投資を推奨してはいないものの、これらの新しいお金が「送金の標準」になる可能性があると語っています。

ビットコイン懐疑派から「投資家」に転身

株式市場のアナリストであり「伝説の投資家」とも呼ばれるMarc Faber(マーク・ファーバー)氏は、海外メディア「CASH」とのインタビューの中で、2月下旬に初めてビットコインを購入したことを明らかにしました。

1987年に起きた「ニューヨーク株式市場の暴落」や「日本株式市場のバブル」などを予測・警告し、見事的中させたことで有名になったファーバー氏は、以前まではビットコインに対して懐疑的な人物の一人として知られていましたが、現在はその考えを改めているようです。

ファーバー氏は「ビットコインを購入した理由」として、仮想通貨ウォレットを提供している「Xapo(ザポ)」の創設者Wences Casares(ウェンセス・キャサレス)氏との議論を行なっている間に「仮想通貨について詳しく知りたい」と思ったことや、2017年末に220万円近くまで高騰していたビットコインが「現在40万円近くまで値下がりしていること」などをあげています。

さらに同氏は、自身のニュースレターを呼んでいる若い読者もここ最近でビットコインを買うように強く進めていたとも付け加えています。

「ビットコイン強気派」ではない

ファーバー氏はビットコインを購入したことは明らかにしているものの、ビットコインの購入を推奨しているわけではないことを強調しており『仮想通貨に関しては確信が持てない』と語っています。

しかし同氏はこれと同時に『ビットコインが送金の基準になる可能性がある』とも語っており『ビットコインに投資を行うのであれば失うか国ができている金額だけ投資すべき』だと説明しています。

現金を持っていることは馬鹿げていると考えているファーバー氏は、銀行システムの外部にある資産に投資することを勧めており、自身が毎月「金」を購入していることも明かしています。

仮想通貨に対する「意識変化」

ファーバー氏が語った内容は、その他多くの著名投資家や仮想通貨関連事業に参入している大手企業の代表者などの意見とも一致しています。

仮想通貨は大きな可能性を秘めていることが多くの専門家によって認められているものの、これらの技術を悪用するケースも見られているため、「各国政府の対応」や「適切な環境づくり」「さらなる技術開発」などが今後の発展を大きく左右すると考えられます。

依然として仮想通貨に批判的な人々は世界中に数多く存在していますが、以前に比べるとそのような人々は徐々に考え方を変化させているようにも感じられます。