BOSCH「ブロックチェーン冷蔵庫」を電力会社と共同開発|エネルギー市場の新たなビジネスモデルへ

ドイツを本拠地とする電動工具・自動車部品の大手メーカー「BOSCH(ボッシュ)」と、オーストリアの大手電力会社「Wien Energie(ウィーン・エネルギー)」は、”ブロックチェーン冷蔵庫”を開発したことを発表しました。

BOSCH×Wien Energie「ブロックチェーン冷蔵庫」

BOSCH(ボッシュ)とWien Energie(ウィーン・エネルギー)が開発した「ブロックチェーン冷蔵庫」は、オーストリアの首都ウィーンで開催された「ANON Blockchain Summit」に展示されました。

「温度設定」や「電力消費量」などをアプリで管理

「Wien Energie」の公式発表によると、この冷蔵庫は消費者が電力消費量をアプリで確認し、コントロールできるように設計されているため、冷蔵庫や冷凍庫の温度はスマートフォンやタブレットで設定したり、消費電力を制御したり、デバイス全体を監視したりできると説明されています。

具体例としては「冷蔵庫のドアが開いているときにアプリケーションが警告を発してくれる機能」や「時間の経過とともにデバイスの消費量を確認することができる機能」さらには「CO2(二酸化炭素)の排出量を分析したりすることができる機能」なども搭載されているとのことです。

「電力供給元」が自分自身で選択可能

さらにこの「ブロックチェーン冷蔵庫」では、時間毎の消費電力に関する「供給元情報」などがブロックチェーン上に記録されており、消費者は電力の発言元を「近隣の建物の太陽光発電」や「風力発電所」などといった複数の項目から選択することができるようになっていると説明されています。

全てのトランザクションは匿名で公開されており、利用者はデータと設定を完全に管理することができます。また、これらのやりとりはスマートコントラクトによって処理されるため、温度設定や電力供給元が一方的に変更される心配もありません。

エネルギー市場の「新たなビジネスモデル」

Wien EnergieとBOSCHは、今後数か月以内に複数の顧客と共に「ブロックチェーン冷蔵庫」のテストを実施するとされており、Wien Energieとブロックチェーン企業「Riddle & Code(リドル&コード)」が都市開発地域に構築したブロックチェーンインフラストラクチャーを用いた広範囲な実験も間もなく開始すると説明されています。

Wien EnergieのCEOであるPeter Gönitzer氏は公式発表の中で、ブロックチェーン・インフラストラクチャーは、エネルギー市場の新たなビジネスモデルになる可能性を秘めていると語っています。

ブロックチェーン・インフラストラクチャーは、エネルギー市場の新たなビジネスモデルとなり得ます。例えば充電ステーションでは、ブロックチェーン上のコンピュータ・プロトコルを使用して、近隣のビル屋上に設置された太陽光発電システムと電力取引マーケットの両方から電力を購入する契約を自動的に結び、その電力を電気自動車に販売することができます。

「Wien Energie」は先月末に、ブロックチェーン技術に基づいた「電気自動車用充電ステーション」のテストに取り組んでいることを発表しています。電力供給にブロックチェーン技術やスマートコントラクトを活用して効率化を測る取り組みは、日本を含めた複数の国で発表されています。

電化製品へのブロックチェーン技術活用は、今後も多くの企業が取り組んでいくことになると予想されます。