チャールズ皇太子:ブロックチェーンに「興味深い」と歴史的発言、即記録へ

イギリスの王族であるウェールズ公チャールズ(チャールズ皇太子)は、先日ベルリンを訪問した際に仮想通貨(暗号資産)コミュニティの1人から寄せられたビットコインに関する質問に対して『ブロックチェーン技術は興味深い発展だ』と回答しました。この歴史的な返答は大きな反響を呼び、即座にイーサリアムのブロックチェーン上に記録されています。

チャールズ皇太子は「ビットコイン」をどう思っているのか?

Twitterユーザーである「CD(@coindorado)」氏は、ベルリンを訪問していたチャールズ皇太子に対して「ビットコインについてどう考えていらっしゃるか」を尋ねた動画を投稿しました。

チャールズ皇太子にビットコインについてどう考えているかを尋ねました…伝説的な返答です😂😂

チャールズ皇太子は、初めにビットコインについて尋ねられた際にはコメントを語らなかったものの「クリプトカレンシー(暗号資産)」や「ブロックチェーン」という言葉を聞いた後は、思い出したように『ブロックチェーンは非常に興味深い発展だ』と答えてます。

伝説のツイートは「ブロックチェーン」に記録済み

「CD(@coindorado)」氏のツイートは仮想通貨業界でも大きな話題となっており、記事執筆時点では「589回のリツイート」と「2,344個のいいね」を受け取っています。さらにこのツイートはその後別のツイッターユーザーの手によって、永久にイーサリアムのブロックチェーン上に記録されることとなりました。

このツイートはブロックチェーン上で永久に保存されます。

Hash:
nHSiYSAVK/Cr0+HpY8wQbkg359OYyQtKqAy0ekvvyyU=

Link to view:
eternal.dragonchain.com/transaction/0f7ba1ec-7ff2-4436-ad0e-bf616f57853b

イギリスでは今のところ仮想通貨に対する対応は明確化されておらず、2019年後半に具体的な規制が定められる予定となっています。しかし、同国の大手企業などではビットコイン決済を導入する動きや、ブロックチェーン技術を活用する事例が増えてきています。

日本国内では本日開かれた「参議院財政金融委員会」の中で、日銀の黒田東彦総裁が仮想通貨に関する後ろ向きな発言をしたことが話題となっていますが、海外ではチャールズ皇太子による嬉しいお言葉に対して注目が集まっています。