おすすめ取引所

おすすめの取引所【仮想通貨の取引所14社から厳選しました!】


仮想通貨の中でも一番有名な「ビットコイン」が取引開始された頃(2010年8月)の価格は「1BTC=約6円」でしたが、2017年には「1BTC=100万円」を軽く突破。

単純計算で150000倍以上。意味わからなすぎで笑えますね(笑)

2018年現在はGMOグループ、DMMなんかも取引所を設立しましたし、あの「サイバーエージェント」や「LINE」なんかも参入を発表。現在国内の仮想通貨取引所の数は「14社以上」もあります。

とにかく半端ない勢いなんですが、実はそれと同時に国内大手取引所がハッキングされたりと、不安を煽るような事件が起こっているのもの事実ですよね。

きっとあなたも、

仮想通貨を買ってみたいけど、どの取引所が安全なんだろう..?

安全なのはもちろん、初心者にも使いやすい取引所がいいな..

とにかく一番オススメの取引所が知りたい!

などなど細かい疑問や不安がいくつもあり、なかなか「始めの一歩」が踏み出せない状態なんじゃないでしょうか?

大丈夫です。任せてください!

今回は、そもそも仮想通貨の取引所とは?から、オススメの取引所まで私の知識を全てさらけ出しました。

知識が全然ない方でもフムフムと理解できるように、できる限りわかりやすーーく書いたつもりです。

ぜひ参考にしてみてくださいな!

そもそも取引所ってなに?

取引所とは、仮想通貨を「買いたい人」と「売りたい人」をマッチングさせる仲介サービスをしている機関のことです。

あなたが「仮想通貨を買いたい!」と思っても、「売りたい!」と考えている人を自分で探すのは大変ですよね?

そこで取引所が手数料をもらう代わりに、買いたい人と売りたい人をスムーズにマッチングさせる役割を担っているんです。

仮想通貨を購入する方法は他にもいろいろありますが、基本的に取引所を使って購入する方法が最もベターと言えるでしょう。

仮想通貨の取引所を使うにはインターネット上の取引所でアカウント開設をする必要があります。

販売所とは何が違うの?

ビットフライヤーやZaifなどの取引所をアカウント開設してログインしてみると、購入方法に「取引所」と「販売所」というものがあります。

「このちがいってなに?」ってよく聞かれることが多いので簡単に違いを説明しておきます。

取引所とは

取引所に関してはさっき説明した通り、「売りたい人(個人)」から購入する方法です。

つまり、あなたと同じような仮想通貨ユーザーから買うということでです。

株などを証券会社を経由して買うのと同じイメージですね。

売ってくれる人がいないと取引は成立しませんが、販売所で買うより安く購入できる可能性が高いです。

販売所とは

一方販売所は、売りたい人(個人)から買うのではなく、「ビットフライヤーやザイフなどが保有している仮想通貨を購入する方法」です。

売り手(個人)の必要がないので、確実に、スピーディーに購入することができます。

が、取引所側が提示している値段で購入しなければならないので、多少割高になってしまう可能性が高いです。

取引所一覧表

現在日本で仮想通貨を扱っている主な取引所14社の一覧表です。

取引所名 サービス 取引銘柄数
coincheck(停止中) 取引所/販売所 13種類
Zaif 取引所/販売所 5種類+10種トークン
bitFlyer 取引所/販売所 7種類
bitbank 取引所/販売所 6種類
GMOコイン 販売所 5種類
DMM bitcoin 取引所/販売所 2種類※
BitTrade 取引所 6種類
BITPOINT 取引所 3種類
FISCO 取引所 3種類+3種トークン
QUOINEX 取引所 3種類+1種トークン
みんなのビットコイン 取引所 3種類
Bitgate 取引所 1種類
Kraken 取引所 8種類
BTCBOX 取引所 4種類

※コインチェックは1月26日のハッキング事件の影響で、一時除外しています。状況次第では完全消去致します。
※DMM Bitcoinは現物取引はBTC、ETHの2種ですが、レバレッジ取引では7種の通貨を取引できます。

おすすめ取引所ベスト3

うんうん、たくさんあるのは分かったけど、結局どこがオススメなの?

そんな声が聞こえてきそうなので、私も開設している取引所をおすすめポイントも加えながらランキング形式で紹介しておきます!

※ちなみに海外の取引所の中にもいくつかおすすめがあるのでそちらも含めて紹介します!

ただ、結論から言わせてもらえば、今から紹介する海外取引所は開設しておいた方いいです。

なぜなら、国内取引所では扱ってないアルトコインがめっちゃたくさん取引できるから。

現在、国内取引所で一番多くのアルトコインを扱っている取引所は、コインチェック(※安全確認が終わるまでbitFlyerでの開設をオススメします)さんで、その数は13種類(2018年1月現在)

しかし、私のおすすめ海外取引所はその比ではありません。

まだまだ価格が安い通貨で、ワンチャン億り人を狙いたいぜ…!

という人は、ぜひ開設しておきましょう。

以下の取引所ならまず間違いはないですよ。

第1位 bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyerのメリット

◆セキュリティの高さが世界No.1
→セキュリティは取引所にとって一番重要なポイント。安心して取引したい人にはとても嬉しいですね。

◆ビットコインの取引量・ユーザー数も国内No.1
→取引量が多いと売買の価格差(スプレッド)も小さくなるので、有利な価格でビットコインを購入できます。

◆不正ログイン時は補償サービスあり!
→セキュリティの高さに加え、万が一ハッキング被害にあった時に補償してくれます(日本円のみ)

◆スマホもPC画面も見やすい使いやすい
→初めて仮想通貨を取引する人でも安心の使いやすさです。

bitFlyerのデメリット

◆アルトコインは販売所形式でしか購入できない
→イーサリアムやモナコイン、ライトコインなど計6種類ものアルトコインを扱っていますが、全て販売所形式でしか購入できません。

ビットフライヤーは2014年1月に日本で初めて設立されたビットコインの取引所です。

つまり、日本では一番歴史のある取引所ですね。

リクルート、GMOインターネットなど、様々な大手企業が出資していることで有名で、日本の取引所の中ではトップクラスの資本力。

セキュリティに関しても、最近なんと「世界No.1」に輝きました!

世界No.1は素晴らしいですね。「安心して仮想通貨を売買したい人」にとっては間違いない取引所でしょう。

また、ビットフライヤーでは「bitFlyer Ligtning」というサービスで現物売買の他、FXのようにレバレッジをかけた売買ができます。(レバレッジは5倍)

本格的にトレードしたい人にも嬉しいサービスです。

間違いなく一番使いやすいので、とにかく簡単に仮想通貨を売買したいという人もビットフライヤーで間違い無いでしょう。

また、昔はビットコインとイーサリアムしか取り扱っていなかったのですが、最近ではモナコインやライトコイン、リスクなどなど、色んなアルトコインにも対応してきました(合計7通貨の売買が可能です!)

販売所形式なので多少割高にはなってしまいますが、簡単に購入できるので初心者にとってはいいかもしれませんね!

こんな人におすすめ

  1. とにかく安心してビットコインを取引したい人
  2. いろんなアルトコインを取引したい人
  3. 初めて仮想通貨を取引する初心者の人

ビットフライヤーに関して詳しく書いてあるのでよかったら↓

第2位 Binance(バイナンス)

海外取引所は腐る程ありますが、ここで間違いありません。

Binanceは、取引所としてスタートしたのは2017年7月〜と、遅咲きなのですが、なんとすでにユーザー数「300万人」を超えています。

これがどれだけすごいのか?というと、2018年1月現在で世界No.1なんです。(ちなみに2位は韓国の取引所であるBithumb)

やばいです。2018年はますますユーザー数&取引量を増やしていくでしょうね。

で、数ある海外取引所から私がここをおすすめする理由は、

  1. 取り扱い通貨が半端じゃなく多い
  2. 日本語対応している
  3. 手数料も安い
  4. フォークコインの付与も早い

他にもありますが、ざっくりこんな感じですね。

中でも特筆すべきところはやはり扱っている銘柄の数でしょう。

こちらから確認してもらえばわかると思いますが、200種類は越えています。(笑)

もはや仮想通貨のスーパーマーケット状態。

しかも、その中の大半がマイナーコインなので(もちろん主要仮想通貨も扱っていますよ)、1通貨あたりの価格が安い安い。

日本円で「数円〜数十円」なんて通貨が山ほどあります。

最近は価格が安いコインが意味もなく上昇するみたいな流れがめちゃくちゃ多いので、多少のリスクは承知で億り人狙いたい人には最適でしょう。

↓実際、1日で50%以上も上昇しているコインが結構あります。

フォークコインもすぐに付与されるので、それ狙いで通貨を置いておくのもありですね。

口座開設もなんと本人確認なしで簡単にできるので(これは逆にどうかと思いますが笑)、興味がある人はサクッと作っておきましょう。

こんな人におすすめ

  1. 様々な種類のマイナー通貨に投資したい人
  2. 低価格コインに投資したい人
  3. すでに国内取引所の口座は持っている人

第3位 Bittrex(ビットトレックス)

Bittrex(ビットトレックス)は、2014年に設立された取引所で、運営会社はアメリカのBittrex.LLCによって行われています。

扱っている通貨数は200種類以上で、国内のコインチェックやビットフライヤーといった取引所と比べると、2017年時点では圧倒的に多くなっています。

中には、あまり評判がよくない仮想通貨もあります。上場したまま開発が止まっていたり、開発しているフリを続けいているだけの通貨も存在しています。

Bittrexのアカウント認証は3段階あり、Unverified Account(非認証アカウント)、Basic Account(ベーシックなアカウント)、Enhanced Account(高度なアカウント)の順に、出金上限額が増えます。

以前は、Phone Verification(電話認証)というのがあったのですが、2017年8月以降はなくなっています。

また、メールアドレスだけの登録でも、1日の出金額の上限は1BTCになっていました。しかし、Bittrexがハッキング被害を受けてからは、グレードの低いアカウントでは出金ができないように変更されています。

2段階認証をしていないと、1日の出金額が1BTCに抑えられるため、ハッキングを受けても、被害が最小限になるよう工夫が施されています。

2段階認証に加えて、アカウントのグレードを一番上のEnhancedアカウントにまですると、1日最大100BTCの出金が可能になります。

ただ難点があるとするならば、日本語に対応していないので、英語ができないと苦労するということです・・・

▲ビットトレックスの新規登録に関して

現在ユーザー急増により『新規登録停止中』で、再開は未定となっています。

いかがでしたか?

今回は仮想通貨の取引所に関して私の経験も踏まえてまとめてみました。

仮想通貨に触れていくには取引所は必ず通る道ですが、わからないことが多いと不安ですよね。

私も最初はほんとにわからないことだらけでした。

なので、この記事があなたの不安を少しでも減らせたらすごく嬉しいです!

また私が新しく使ってみて、よかった取引所などがあれば随時更新していきます!